ダイヤモンドはママの味

宝石を売るならここマジおすすめ

ダイヤモンドは色によって値段が変わる

ダイヤモンドには、無色透明のカラーレス以外にも、オレンジ、ブルー、レッド、グリーン、ピンク、イエロー、ブラウン、ブラック、など様々な色のダイヤモンドがあり、ピンクダイヤなどの色がついたダイヤモンドはカラーダイヤと呼ばれています。どのダイヤモンドも基本的には、ダイヤが綺麗かどうかによって価値が決められ、レッドが一番希少とされています。ブルーやピンクは価格が高いものが多く、ブラックやブラウンは、綺麗なものは例外ですが、基本的には価値が低いものとして扱われています。 ダイヤの値段は、色相、明度、彩度によって決められ、鮮やかで明るい色のダイヤモンドほど高値で取引されています。値段は彩度などで決められることが一般的ですが、それ以外にも希少性も重要な要素になります。ピンクダイヤが、カラーレスよりも高値で取引されている理由としては、現代の科学をもってしても、なぜピンク色になるのかが解明されていないため、綺麗で希少性があることから高額な値段がつけられるわけです。